スポンサードリンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

FC2ブログランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児・子育て・保育 子供との活動から

モンテッソーリ教育

子供の教育のなかで、モンテッソーリ教育って聞いたこと、ありますか?先日、幼稚園出と保育園出の子供の小学校での違いについて書きましたが、私の子供は、モンテッソーリ教育を方針に掲げている保育園に通わせました。といっても、教育方針をしってそこの保育園を選んだわけではないのですが。

園長先生の話では、「モンテッソーリ教育は、子供たちが安心して自由に遊び、作業のできる環境整備が重視される。教室が清潔に保たれ、子供の目線で教室を見渡せることにも配慮が求められる。また、モンテッソーリ教育法における保育士の存在は、教室や教具と同様、整えられた環境の担い手の一つと考えられている。保育士には、教具などを扱う技術や管理する能力も要求されるが、何より子供を注意深く観察する態度が要求され、各々の子供たちの欲求に沿ってその教育を提供する注意深さが求められる。また、子供たちの集中時、それを妨げない心遣いや、子供の自発性を待つ姿勢も養成コースにおける重要な要素となる。晩年のモンテッソーリが力を注いだ教員養成方法は現在も世界各国で実践され、この厳しい教員養成もモンテッソーリ教育の特徴のひとつにあげられる。」など、わからないようなことを教えてくれました。
ようするに、子供の自由な発想で選んで遊べる環境つくりを目指すとのことです。あと異年齢の子供とのかかわりも重要な要素だそうで、そのため、違う年齢が同じ部屋で過ごすことが多いのも理解できました。そのおかげかもしれませんが、今年入学した子供は、小学校でも面倒見がよいそうです。(すこし泣き虫ですが・・・)

スポンサーサイト

育児・子育て・保育 子供との活動から

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。